日刊ユーチューバーズ日刊ユーチューバーズ

本サイト内で再生した動画広告の収益は、YouTube とユーチューバー (動画所有者) で分配されます。詳しくは こちら をご覧ください。

新着動画2020.11.170

まるでブラックホール!世界一 "黒い" 物質 『ベンタブラック』 の存在感が凄すぎる!

『るーいのゆっくり科学』 は、今更聞くのもちょっと恥ずかしい基本的な科学の知識から世界の最新技術までをわかり易く解説してくれる科学チャンネルです。チャンネル登録者は 19.7 万人で週に 1 度動画投稿されています。今回の動画では、ニュースやバラエティ番組などでも取り上げられる世界一 "黒い" 塗料についてその物質の構造や用途を紹介しています。

毎回面白い物の仕組みやパラドックスの解説をする 「霊夢」 と 「魔理沙」 ですが、今回は地上で最も黒い物質について解説していきます。その物質は 2012 年にサリーナノシステムズによって開発された 「ベンタブラック」 と呼ばれる黒色塗料の事です。あまりにも黒すぎる為に物体の表面に塗ると凹凸が失われて立体感が無くなり、まるでそこに穴が開いている様に見えると有名になりました。そもそも黒色とは光を反射させず吸収することで目に黒色と認識させており、一般的な黒色の吸収率が 97% なのに比べ、ベンタブラックは 99.965% と吸収率の高さと反射する光が極めて少なくなることが特徴です。その構造の秘密や意外な用途、黒色を巡る争いなどベンタブラックに関する面白い内容を存分に解説しています。続きが気になる方は是非動画でお楽しみください。

ブラックホールみたいに吸い込まれそうな黒色ですね。新色として芸術家が独占する程の塗料になっていることを考えると人間の腹黒さを表現した色とも言えそうです。

YouTube で動画を観る

この記事をシェア

コメントを投稿する0

教育の最新記事

教育一覧