日刊ユーチューバーズ日刊ユーチューバーズ

本サイト内で再生した動画広告の収益は、YouTube とユーチューバー (動画所有者) で分配されます。詳しくは こちら をご覧ください。

新着動画2020.12.090

どちらの意見も正しい?保育園の騒音問題で最高裁まで争った事件が賛否両論で悩ましい!

『バベル裁判所〜闇の法律知識〜』 は、実話を元にした特殊な事件を弁護士が法律的解釈付きで紹介する漫画法律チャンネルです。今回の動画では、保育園の騒音に悩む老人が起こした裁判事件とその結末を取り上げています。

一年前にできたばかりの認可保育園で働く 「里穂」 は、保育士という子供達の成長を見守れる仕事に充実感いっぱいの日々を過ごしていました。しかし、保育園の近所に住んでいる 「権田」 というお年寄りに園児の声がうるさくて昼間に窓すら開けられないとクレームをつけられます。保育園側は園の建設の際に地域住民への説明会を行い、近隣の家の窓を二重サッシにしたり、一部に防音壁を設置するなど騒音対策を行っていましたが、権田だけは納得せず開園後にも抗議を続けていたのです。里穂は必死に対応していることを説明しますが、権田は対策が足りないと怒って慰謝料 100 万円と園と隣接する土地の境界線に 50 デシベル以下となる防音設備の設置を求めて訴訟する事態に発展します。果たしてこの裁判はどうなるのか?最高裁までもつれたこの事件の結末を是非動画でご覧ください。

園の対応に法律的不備が無かったことからこの結末となりましたが、権田さんの主張も間違っていたかと聞かれると一概にそうとも言えないのが難しいところですね。個人の感じ方の違いで差が出てくるのも騒音問題の難しいところです。

YouTube で動画を観る

この記事をシェア

コメントを投稿する0

教育の最新記事

教育一覧